FC2ブログ

マラソンの脇役

08 07, 2015
  ・特選物件 掲載物件一覧へ


今回ご紹介するのは、神奈川県箱根町と岐阜県岐阜市に設置したトイレのご紹介です。

この2つのトイレは、どちらも大きなマラソン大会のコース脇に設置された共通点があります。
箱根のトイレはもちろん正月の箱根駅伝。
岐阜のトイレはあの高橋尚子さんの名前がつく高橋尚子杯岐阜清流ハーフマラソン。

箱根のトイレは、形が非常に特徴的な函嶺洞門脇に設置されました。
洞門の老朽化により、道路をバイパスして交通を切り替えることになり、それにより新規に作られた道路の脇駐車場内にあります。
箱根駅伝では二日目の復路第6区でこの道路を使用します。
コースが変わることで、過去の記録が参考記録となり、物議を醸したことでマラソンファンの間で有名になったポイントです。

箱根駅伝のテレビ中継の際、バッチリ映っていたのですが、なんとうっかり録画を忘れてしまいました(泣)

ということで、箱根マラソンとの共演画像もない、何とも説得力に欠ける話ですがご容赦いただき、2つのトイレのご紹介をご覧ください。


洞門
↑ これが2014年2月に閉鎖された函嶺洞門です。何年もの間、箱根駅伝でさまざまなヒーローがここを走り抜けていました。

箱根トイレ
↑ マテラントイレと函嶺洞門との位置関係です。

洞門トイレ引き
↑  別アングルより。左が函嶺洞門、右はマテラントイレです。

IMG_8112.jpg
↑ マテラントイレ全景です。屋根小屋組みは天然木、腰壁は耐久性のある合成木材。入口の枠や、多目的のドアはダイノックシートで木目調にしてあります。

箱根トイレ 拡大
↑ トイレ近景です。マラソン観戦・応援の皆様、是非ご利用くださいませ。




岐阜清流マラソン 縦 小
↑ つづいて、岐阜県の長良川沿いに設置されたトイレのご紹介です。
こちらは岐阜清流ハーフマラソンの開催時に撮影された写真です。右上にマテラントイレがちっちゃくあります。わかりますか??

下から
↑  この物件は、金華橋の堤防沿いにEPS工法により作られた台の上に設置するという変わった工法でした。設置道路も狭くて厳しい条件でした。

躯体設置 縦
↑ 設置状況です。ご覧の通り、非常に狭い道路で、しかも下からの設置となりました。この条件に対応するため、この物件の為の特殊設計となりました。

屋根トラック
↑ 屋根も工場で完成させていきました。

IMG_2971.jpg
↑ 躯体を設置後、屋根を載せて設置完了です。この困難な設置条件で、設置時間は半日ですみました。

完成
↑ 設置後、きれいに整備されました。花火大会などでも大活躍しています。
岐阜清流マラソンに参加、もしくは観戦・応援のみなさま。ぜひご利用くださいませ。


関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
特選物件とは?
大型物件、有名観光地への設置、変わった物件、変わった工法など一味違う物件のご紹介をします。


トーヨーマテランコーポレートサイトへ

ランドスケープ製品情報サイト トイレ・景観製品情報へ

ブログで紹介した特選物件一覧へ